黒猫便り (Ⅲ)
北国の小さな窓辺より 人と人の間 徒然に    ・・・発信・・・                                

北国の黒猫:『悲しいほど青い空』

<7月8日>
長雨が上がって久しぶりに青空となった札幌
各地の被害を思うと「悲しい青空」である
この時季の北国らしい景色ではあるのだけれど...
2日前まで「泥の川」だった豊平川は澄んで空の青を映しはじめた
河川敷にあふれ出していた水も引いた...
改めて豊平川の流れの速さを感じる
外で自由に歩き回れないことで何時ものベランダ写真...
今日のchatnoirは後ろめたく申し訳なく感じる

30.7.8.f 30.7.8.a 30.7.8.g
30.7.8.c 30.7.8.e 30.7.8.b
何十年に一度の災害・・・と繰り返して報道されるけれど
想定外とはいえない!!!
利潤ばかり追求する開発よりも今あるものの強化を追及するべき...
被害が拡大していくさまを映像で見せつけられると
「開発」という名の矛盾を感じる
自然の驚異には逆らえないと逃げるのではなく
あきらかに「人災」と言える所が多いことを
真摯に認めるべきではないのか

今日のchatnoirは祈りながら悲しい

スポンサーサイト

北国の黒猫:『全てが異常』

<7月6日>
今年は梅雨明けが早い!と感じていたら最早台風シーズン到来
次々影響大で被害が拡大している
梅雨がないといわれる北海道が多雨多湿
鬱陶しい日々が続き「蝦夷梅雨」
以前北海道に雪が降らなくなると予測した学者がいる...
それより北海道も梅雨入りがあるかも...というほうが現実味がある
「日本列島」「地球規模」『変』
大自然の警告を真摯に受止めなければならない
・・・・・・・
ベランダからの眺めにただならぬ気配を感じる
30.7.5b 30.7.5c
30.7.5d 
 30.7..5a NNN_0027_201807060657572e9.jpg 
豊平川は激しい濁流となっている
護岸工事も役に立たなかったのでは?と心配になる程
水位は上がり河川敷の歩道・自転車道の境目が無くなってしまった
chatnoirが経験しているだけでも2度氾濫している豊平川
今回久しぶりに『警告』が出た
日付が変って降り続いた雨も止んで
太陽の恵みを受けられそう
豊平川は流れが早いので雨が止んだら濁りの治まるのも早い
一時も早く治まってほしい
田圃は穂先が見えないほどになり
海の養殖場も被害が増える
土砂災害は人々の日常を簡単に奪ってしまう
交通網は彼方此方で寸断・・・観光客も足止めされてお気の毒!!!
北海道だけの問題ではなく
このまま降り続いたら全国の被害は限りなく加速され広がる!!!
・・・・・・・
自然の驚異に人間は何と弱いことか
チョコチョコ急いで応急処置で済まさずに
都道府県全てが大自然と真摯に向き合うことを考えなければ
年々次々被害が拡大するのは目に見えているような...
税金は正しく国民のために使って欲しい
それにしても
談合だ受託収賄だetc.etc.不正ばかりがまかり通っている
この国はどうなっているのか?
情けない!!!
嗚~呼・・・憂国

北国の黒猫:『友の会会報・臨時号印刷』

<6月29日>
2018年も明日で半年が過ぎる
「時」は正確に刻まれ待ってはくれない
昨日は何だかウォーキング日和という気がして
ロフストランドクラッチで22条橋を渡り 久しぶりの「市電」
「線維筋痛症友の会会報・臨時号」印刷のため
難病連印刷室に4人集合

会報a 会報b
何時ものようにヘルシーお弁当とその他色々でランチ♪
仕事前にお腹イッパイ
chatnoirが一番食べ(過ぎ)た~
ヘルパーさんに作ってもらう食事が美味しくて太った
と言いながら食べて...呆れられたアハハ
左手での箸使いが「上手になった」と褒められ・・・ソノキニナッタ
ひとりでの食事は「あずましくない」
気の置けない何時ものメンバーだから美味しさが増すのだと思う♪
山本理事が役員をお止めになって初めての役員会
やっぱり残念で淋しい
役員ではあってもchatnoirの場合
「枯れ木も山の賑わい」って感じで役立っているとは言えないような~
会員の平均年齢を引き上げ
高齢者としてボケとの微妙な境界線上に位置し
「クチ」だけは達者で騒々しい!ってのがchatnoirかも~
いつものことだけれど
前向きになれ助けられているから
役員メンバーには心から感謝している
・・・・・・・
ロフストランドクラッチでの徒歩と市電
少々頑張り過ぎだった
ヘロヘロになって帰宅したらNOIRは三角になって怒っていた
いかにも「遅い」という顔
待っていてくれるヒトが居て幸せ~♪

北国の黒猫:『リハビリ』

<6月21日>
2:30a.m.
夜通し降った弱い雨・・・あがったのかな
道路は濡れて街路灯で光っている
本日はリハビリ・・・歩行車を使えるか迷う所...
雨の日用歩行車にかぶせられる「ポンチョ」も猫柄「合羽」もある
主人の入院中はポンチョで通ったなぁ
荷物も多かったからポンチョは役立ち助かった
先日の雨の日はロフストランドクラッチと傘...
雨の日は雪の日より面倒ではある
TAXIは便利ではあるけれど「モッタイナイ」
歩ける距離をtaxiを使う「贅沢」「心」が許さない
主人は「taxi使えよ」っていつも言っていた「そだね」と返事しながら
使わなかったっけな~変なことを思い出している...
・・・・・・・
昨日(水)のヘルパーさんは代行さんだったけれど
手早く「6品」も作ってくださった~ 感謝~
今日はおかずが沢山あって嬉しい~
要介護1になり1割負担で利用できることが増えた
1割負担は助かるのだけれど利用するにはお金がかかる
有難がって簡単に利用する気にはなれない!!!
「必要最小限」を常に考えなくてはならない
「机上の空論」では利用者の負担まで考えてはいないとよくわかる
国民の税金を湯水のように使い身勝手な恩恵を押し付ける
この国は『福祉国家』とはいえない!!!
福祉認定は色々あり本当に役立っている障害者も沢山いるが
「認定」もお座なりで不正受給者も居るのが現実である
要するに『ザル法』
今回国は又々見直しで本当に必要としている人々をカットした
chatnoirのことばかり言うようだが
「線維筋痛症」患者は初めから認定自体から外されている
今回の見直しにもまるで蚊帳の外なのである
それゆえ・・・といえるかもしれないが
国のやり方の不自然・理不尽さを身に沁みて感じるのだ
「仏作って魂居れず?」チト違うかな?「画竜点睛を欠く?」
当たらずとも遠からずではないか
最近こんなことばかり考える
僅かな蓄えが減って行く厳しさを身に沁みて感じているからかな~
4:00a.m.を過ぎて青空部分が増えてきた♪
希望の青空かな!!!・・・?
・・・・・・・
青空の下・・・歩行車押してリハビリへ・・・
・・・・・・・
30.6.22a 30.6.22b
30.6.22c 
30.6.22d NNN_0028_20180622115738555.jpg

chatnoirはやっぱり雲が好き♪

北国の黒猫:『線維筋痛症通院日』

<6月20日>
月1の線維筋痛症通院日...症状に変化なし
サインバルタ60ミリ(限度)と眠剤2種を受け取りに行く
以前唯一認可されていたリリカchatnoirは副作用があり使えない
代替だったサインバルタと眠剤でごまかす
サインバルタは既に限度処方されているので効かなくなり
睡眠持続時間が短くなってきている
かわりに眠剤の服用が多くなる悪循環
それが嫌で「エイッ」と起きてしまうこともあるが
無理すると一日中「マトモ」に過ごせないことが多い!!!
痛みも痺れも少しも楽にはならない
最近は目にも来て・・・眩しさが目と体に応える
リハビリの時は天井の蛍光灯の明かりで右目奥が痛み出すので
ハンドタオルを被ってリハビリを受けている
「ナンナンダッ」
原因は解明されず薬も開発されない状態が続き患者は増える!!!
「困ったもんだ」
最近原因は脳にあると言われるけれど
解決には繋がらない
考えていると流石の能天気chatnoirもネガティブになってくる
「コレマタコマル」
医学会はやたら病状を細分化し面倒な病名をつけたがる
細々と示されるとどれかに症状がぶち当たる

「それが狙いか」
怠慢や不勉強の隠れ蓑かい?
皮肉もいいたくなる
「線維筋痛症」
を知らないDR.もいるのだから!!!
厄介な病気になってしまったものだ・・・
明るく行くぞッなんて言った舌のねも乾かぬうちに泣きが入る
「ナッサケネェー」

我ながら呆れて苦笑するのだが・・・
寄せては返す波のように愚図愚図不安定な精神状態
コレじゃ~ダメなんだけれど・・・
嗚~~~呼

最近のchatnoir~なんだか空回りが多いような...
NOIRを呼んで抱きしめてみる...嫌がって逃げようともがく...
必ず逃げ出す!
NOIR・・・そばにいてくれてありがとう
...
chatnoirの安定剤か(笑)
しっかりせいよ

30.6noir.a 
30.6noir.b 30.6noir.c

プロフィール

chatnoir(黒猫)

Author:chatnoir(黒猫)
北国の窓辺から黒猫便り・・・
  徒然なるまま
     心の赴くまま
(☆^ー^)★ ふわり ★(^ー^☆)
・・・ 雲に乗り大空を旅したい
。。。。。。。馬が好き
。。。。。猫が好き
。。。フクロウが好き



   

  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク