黒猫便り (Ⅲ)
北国の小さな窓辺より 人と人の間 徒然に    ・・・発信・・・                                

北国の黒猫:『停滞』

<3月29日>
昨夜は日付が変るころまで霙か雨かが降り続いていたが
日付が変って1:00a.m.
カーテンを開けると曇ってはいても晴れていた
時の流れに身を任せることも出来ず流れについても行かれず
情けないchatnoirがいる
主人の部屋に入られないまま燻っている
ドースリャイイノ?
自身に問いかけながら愚図愚図している
呆れられるほど潔いはずのchatnoirが新しい一歩を踏み出せずにいるなんて
時と共に言葉に出来ない複雑な想いが頭をもたげる
天の扉が開き
病の痛み苦しみから解放された主人
感謝と喜びのハレルヤを歌えないchatnoir
心鎮め普段の自分を取り戻したいと思ってはいるのだけれど
この情けない停滞ぶりは何なのだ

NNN_0008_2017032918434803f.jpg
陽が沈むのを眺め心も鎮めたいと願う

NNN_0002_20170329184345405.jpg NNN_0005_20170329184347c17.jpg
空を染め水面も染めて陽が沈む
NNN_0015_20170329184350f19.jpg 
明日は明るい日だろうか?
NNN_0018_20170329184351941.jpg NNN_0023_20170329184352c87.jpg

スポンサーサイト

北国の黒猫:『温もりを感じる朝』

<3月26日>
日の出の時間が早くなってあっという間に陽が昇る
今朝は春の温もりを感じさせる陽の光だった
冬に逆戻りの降雪だったけれど
「まだ3月だものネ~雪降ったって不思議はないよね」
人々は口々に納得しようとする
30cm近くの積雪でも春の雪は融けるのも早い
繰り返しながら春は近づく
29.3.26a 29.3.26b
朝の光を受けで
マイマウンテン藻岩山も心なしか春の装い
29.3.36c 29.3.26d 29.3.26e
東側の景色も春の日差しを感じる
北国にの遅い春の訪れ
そう遠くもなさそうかな~♪

北国の黒猫:『吹雪だ~~!』

<3月23日>
東京では全国のトップを切って桜の開花宣言が出たというのに~
1:00a.m.
カーテンを開けてビックリ!!!
遠山の金さんの桜吹雪?アリャ~冬将軍の悪あがき
吹雪だ~~~

29.3.23a 29.3.23b
NNN_0023_20170323083107a04.jpg 
根明けが始まり土が顔を出しはじめ春が近づいたと感じられたのに
ナンダコリャ???
まさしく「春は名のみの」ってこと!「流石北国」である
まだ3月・・・驚くことではないのだが・・・
足踏みを繰り返しながら季節はユックリ春へと進む北国
長い冬の終わりが近づくと自然に心が浮き立つのが北国人
それを母は
「冬があるから春が輝く」と表現した
梅が咲いたか桜はまだかいなぁ~なんて優雅に言ってられない(笑)
梅も桜も一斉に「マッテマシタッ」と花開く
百花繚乱溢れる色が春を告げる
やっぱり4月にならなければ・・・本格的『春』は5月かな~♪

NNN_0026_2017032308310879e.jpg 
29.3.23c 29.3.23d

冬来たりなば春遠からじ

北国の黒猫:『お~い雲よ』

<3月19日>
NOIRに起こされ朝一でカーテンを開けた・・既に新しい一日が始まっている
外の空気が春めいて感じられる
このところ時々日付が既に変ってから目覚める日も出てきた
眠剤を飲み始めているので3時間はグッスリ眠れる
痛みで目覚めるパターンは変わりないが熟睡できることに感謝
一人(NOIRとふたり)の生活に慣れなければならない
冷静に判断してふたりとも上手に生活しているとはお世辞にも言えない
・・・・・・・
昨日は3人と電話で話すことが出来た
正直なところ電話も「恐怖」に近く苦痛だった
携帯番号が変ったことを知らせ電話での会話が出来るようになった
これも進歩かな
・・・・・・・
雲を眺め写真を撮ること♪chatnoirの趣味である
出かけられなくてもベランダからの眺め(西の空)と玄関側の眺め(東側)
どちらかで雲と対話しながらカメラをかまえる
『至福の時』とも言える♪
昨日夕方
29.3.18g 
寒々しい空模様ではなく「春の準備」を感じさせ
29.3.18e 29.3.18a 29.3.18b
物語を紡げそうな気がして嬉しくなってカメラを...
29.3.18c 29.3.18d
大空のキャンバスで雲のアートを楽しむ
29.3.18f 
マイマウンテン(藻岩山)と雲との会話を想像してみても楽しい
お~い雲よ
ここにひとり観客がいるよ♪


 18日から札幌で来年のパラリンピックを目指して
ノルディックワールドカップ札幌大会が始まった
 ★




北国の黒猫:『春を待つ』

<3月17日>
山陰に沈む夕陽がほんの少し「春」の装いだった♪
春を待ち焦がれるchatnoir
新しい歩行器での散歩を心待ちしている
29.3.17d 29.3.17e
29.3.17c  
必要最小限の外出では心が晴れない
部屋に篭ると余計なことを考え強気で潔いchatnoirが影を潜める
語りかけても返事は無い
天の扉が開き病の苦しみから解放されHALLELUJAHであるのに
感謝と喜びを忘れている己が恥ずかしい
頭の中では『欝』状態であることがわかっているが
簡単なことではない!!!
春よ来い早く来い
『冬があるから春が輝く』は母の口癖
長く厳しい冬が北国の人々に輝きの春を運んでくる
29.3.17a 29.3.17b
土が恋しい
29.3.17g 29.3.17f
クロッカスが福寿草が...喜びを運んでくる....
 実家の庭が花盛りになるのが待ち遠しい
こんなに春を心待ちにするのは始めてかもしれない

プロフィール

chatnoir(黒猫)

Author:chatnoir(黒猫)
北国の窓辺から黒猫便り・・・
  徒然なるまま
     心の赴くまま
(☆^ー^)★ ふわり ★(^ー^☆)
・・・ 雲に乗り大空を旅したい
。。。。。。。馬が好き
。。。。。猫が好き
。。。フクロウが好き



   

  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク